国内

横浜新劇場場所はどこ?|600億円で横浜市長が意思を示す!

横浜市長の林文子市長が600億円の総事業費を使って横浜市に劇場整備の意思を示していることが報道されました。

ではその新劇場はどこに設立されるのか調査しました。

物議を醸しているこの新劇場。本当に今必要なのでしょうか。

横浜新劇場場所はどこ?

林文子横浜市長が総事業費600億円を使って横浜市に劇場整備の意思を示していることが報道されました。

ではその新劇場の建設される場所はどこなのでしょうか。

報道によりますと予定地は、横浜・みなとみらい21の60・61地区のようです。

過去に「Kアリーナプロジェクト」でも話題になった場所が考えられますね。

世界最大級の音楽アリーナができると話題にもなっていたプロジェクト。

音楽アリーナと合わせて劇場も建設する予定だったのでしょうか。

 

 

どのような新劇場?

林文子横浜市長が600億円をかけて建設の意思を示す劇場とは一体どのようなものなのでしょうか。

新劇場も世界レベルのオペラ・バレエができ、2500席規模を目指しているようです。

日常的に公演が行われるように目指しているとのこと。

ニュース情報によると、想定している総事業費の内訳は、

・設計費を含める概算建設費約480億円
・建設予定地の土地評価額約130億円

果たして今この時期に必要なのかは疑問です。

その金額は他のことに使えないのでしょうか。

この報道に多くの物議を呼んでいます。

横浜新劇場設立にTwitterの反応は?

林文子横浜市長が総事業費600億円を使って横浜市に劇場整備の意思を示していることが報道され、様々な意見が出ていますのでまとめました。

賛同する意見が見当たらないですね。

果たして皆さんはどう思いますか?

新劇場は建設されるのか?

今後の行方に注目です。