ライフ

IKEAヘロイスクとタルリカを回収!どんなリスクが?なぜ?

2021年5月18日IKEAを運営しているイケア・ジャパンはトウモロコシを原料とする食器8品を自主回収すると発表しました。

一体なぜ、どんなリスクがあってのことなのか調査しました。

IKEAヘロイスクとタルリカを回収!

5月18日IKEAを運営しているイケア・ジャパンはトウモロコシを原料とする食器HEROISK/ヘロイスク、TALRIKA/タルリカの8品、合計9万5000点を自主回収すると発表しました。

IKEAは利用の中止を呼びかけ、返品を依頼しています。

返品の際は代金の全額返金レシート無しでも対応可能とのことです。

持ってる人は使用を中止し、IKEA店舗に持っていくようにしましょう。

 

IKEA回収はなぜ?どんなリスク?

イケア・ジャパンはHEROISK/ヘロイスク、TALRIKA/タルリカの8品、合計9万5000点を回収します。

一体なぜなのか?どんなリスクがあるのでしょうか。

今回回収の商品は、温かいものを入れたり、電子レンジで温めるなどの利用をするなど、半年ほど継続的に行った場合、プラスチックの強度が落ち、商品が劣化して破損することがあります。

やけどなどの恐れがあるようです。
お子さんが使用していたら危険ですね。

すでに全世界で248万個を販売し、100件ほどの被害報告が上がっているようです。
なおまだ日本での破損の報告はないとのことです。

世間の反応は?

くれぐれもお気をつけください。