国際

【動画】コンゴのニーラゴンゴ山が噴火!様子は?日本に影響は?

2021年5月22日コンゴ東部にあるニーラゴンゴ山が噴火したとの情報が入りました。

流出した溶岩が都市や空港にまで到達したとの見方もあるとのこと。

またこの噴火している様子の動画もありましたので調査しました。

日本への影響はあるのでしょうか。

コンゴのニーラゴンゴ山が噴火!日本への影響は?

5月22日コンゴ民主共和国の東部にあるニーラゴンゴ山が噴火したようです。

情報はロイター通信でありました。

東部にあるゴマでは避難命令が出て住民は荷物を持ち避難をすると道路がは人や車などでいっぱいになったようです。

ビルンガ国立公演スタッフによると、状況は悪化しており、溶岩が空港まで到達しているとのこと。

ニーラゴンゴ山では2002年1月17日も噴火しており、この時はゴマ東部のほぼすべてが溶岩に覆われ、100人以上が死亡しました。

なお1977年の噴火では600人以上が死亡。

この火山噴火による日本の影響は無さそうです。

しかしこれまで富士山がここ数年で噴火するのではないかとの情報もあります。
中には今年か来年に噴火するのでは、という人もいましが。

いつなにが起こるかわからないのが自然現象です。
私達が生きている間に富士山が噴火するようなことがあるのでしょうか。

コンゴのニーラゴンゴ山が噴火の様子は?

5月22日コンゴ民主共和国の東部にあるニーラゴンゴ山が噴火の様子をまとめました。

https://twitter.com/observerug/status/1396341577765855240?s=20

早く収まることを祈るばかりです。